有料老人ホーム

高齢社会

今現在の日本は高齢化社会と言われています。高齢化社会とは、高齢者(65歳以上の人)の数が増えることです。実際は、高齢化社会というのは高齢者の数の割合が7%以上~14%になった場合に適応されます。
しかし、2006年(平成18年)の高齢者の割合は20.8%になっているため、その上の高齢社会と言えるでしょう。実に国民の5人に1人が高齢者と言われる時代になっています。有料老人ホームに預けるメリットとしては、まず、施設の設備がかなり良いと言うことが上げられます。その他にも、介護の質が普通の老人ホームよりも良いので、良く選ばれています。

老後の生活に何が不安かという質問に、ある掲示板では、健康や趣味(生きがい)と言う言葉も出ましたが、その中でも多かったのがお金の問題でした。俗にいう「宙に浮いた年金」ののために、自分の老後の年金に不安を覚える人が多くなっているようです。
また、2008年の4月から始まった後期高齢謝医療制度で高齢者の年金から「強制的に」徴収されるために病院に行きたくないと考えている方も多いようです。

このような高齢者いじめを行う国家に対し、「寄生虫国家」と非難しているホームページもありました(http://www.ohmynews.co.jp/news/)。言い得て妙のような気もします。今の日本に首相の器を持つ人がいないのが残念です。(2008年6月4日)

介護

高齢社会となり、超高齢化社会間近の日本では、「介護」が必要になっていきます。昔は両親は長男が見る物と言う価値観もありましたが、少子高齢化や核家族化の進行、医療の発達による寿命が伸びたことにより、介護を行う方も高齢者という「老老介護」の問題も起きています。介護と仕事が両立できないという方も増え、介護疲れによる心中などのような社会問題も起きています。

最近では、介護福祉士などによるケアワークによる介護補助などもありますが、それでも介護福祉士の人数は足りませんし、何より生活に余裕のある人しか頼めないことも問題の1つでしょう。そのため、家族や親戚の誰かが介護を行っているのが現状です。パルスメーターや吸引器などの簡単に行える介護器具も販売されていますので、以前よりかは幾分介護しやすい環境ではあると思います。
また、介護福祉自身も給与水準は低く、離職者も多いそうです。そのためさらに、介護福祉士の人数は減少しています。このように、介護する側もされる側も大変な状況にあり、それをどうにかしようとするには国を動かすしかないような状況です。

しかし、今の日本の状態では、動かすことは無理でしょう。税率を上げることは早くても、お金を使う制度の成立はカタツムリが10km動くより遅いです。お偉い国会議員の先生たちは、今は票集めにいそしんでいるでしょう。65歳以上の高齢者が、1万人以上集まって国会に押しかけて、「生活の保障か議院1人辞めさせるか選べ」と可能だと思いますが、現実的には無理でしょう。

では、どうするかですが、お金に余裕のある人は有料老人ホームという手段があります。

有料老人ホーム

有料老人ホーム(ゆうりょうろうじんホーム)とは、老人福祉法第29条規定された、高齢者向けの生活施設です。常時1人以上の高齢者を入所させて生活サービスを提供することを目的とした施設で老人福祉施設でないものをさします。2006年4月の法改正により、10人以上との人員基準が撤廃されました。

さらに、詳しくは有料老人ホームとはのページを見てください。

おすすめWEBサイト 5選

七五三 写真 横浜

ノベルティグッズ 制作

フォトウェディング 千葉

Last update:2018/2/5